FX初心者必見!基礎知識を押さえて自分に合った資産運用をしましょう

黒字が出ると税金が掛かるが赤字なら補填してくれる?

黒字になれば発生する税金

FXで取引をする場合、1年間で黒字となれば確定申告が必要となり得ます。先物取引に掛かる雑所得扱いとなり、所得税15パーセント、住民税5パーセントなど計20.315パーセントの税金が発生します。それにより、利益から必要諸経費を除いた金額の課税申告が必要です。必要諸経費は、振り込み手数料や通信費などが該当します。FXを始めるためパソコンのような機器を購入した場合は、それを減価償却費に充てるのも1つの方法です。不安を抱えていたり更に詳しく知りたい場合は、税理士や国税局などの専門家に相談してください。

なお、複数のFXの証券会社を利用して取引をしている人はいるでしょう。複数で儲けが出た場合は、合算した金額を確定申告するようになります。

一方、年間20万円以上の黒字が出なかった場合、確定申告は不要です。

赤字の場合は損失を補填してくれる?

FXで取引をすれば1年間を通じて赤字となった場合は、税金の負担が減る可能性があります。上手に活用して節税に繋げるのも1つの方法です。

例えば、複数のFX会社で取引をする際1つの会社が100万円の黒字、もう1つの会社が20万円の赤字とします。その場合、損益通算による方法をとり、80万円を雑所得として申告をしましょう。他にも、1年間で控除額を上回る赤字が出た場合も、翌年以降の3年間は繰越控除の方法を選べば税負担の軽減ができます。ただし、損失を繰り越す期間は毎年確定申告が必要です。

赤字になっても、確定申告により税金の負担が抑えられるかもしれません。しかし、節税目的で生活に支障が出る金額でFXを行うのはやめてください。



ページ
先頭へ