FX初心者必見!基礎知識を押さえて自分に合った資産運用をしましょう

FXをするなら知っておくと良い専門用語

レバレッジとは?

FXでの取引を進めたい場合に、手元に予算がないのを理由に諦める人はいるかもしれません。しかし、担保となる保証金を使えば、その何倍もの金額の商品を購入できます。これがレバレッジの方法であり、最大25倍までの取引が行えます。保証金10万だと、最大250万円分の取引ができます。

メリットとしては、外貨が高くなれば掛けたレバレッジの分だけ利益として得られます。上手くいけば大きな儲けとなるかもしれません。一方、損失が出た時に証拠金の維持ができなければロスカットという強制決済となります。それを避けるために、消費者金融などで借金をして追加の資金を出す人はいますが、却って借金が膨らむ原因になりかねません。ある程度FXや市場銘柄の知識が無い場合、レバレッジを利用して大儲けしようとするのはリスクが高いかもしれません。

スプレッドとは?

先ず、FXで取引をする場合に押さえておくと良い言葉があります。購入をした通貨を売りたい場合にいくらで売れるかを示す売値の言葉はBitで、買いたい時にいくらで購入できるかを示す買値の言葉をAskと言います。

例えば、売値が100円で買値が101円であれば、1円がスプレッドとなります。この1円が、FXの証券会社がお客さんから徴収している利益となります。

FXの証券会社が取り扱う銘柄の中には、スプレッドを1銭以下のものはあります。しかし、FXは最低でも1万通貨からの取引となるので、ゼロ円になることはありません。取引金額が大きければ、スプレッドに掛かる手数料は大きくなります。また、頻繁に売買の取引をする人も手数料が嵩むことになるでしょう。



ページ
先頭へ