FX初心者必見!基礎知識を押さえて自分に合った資産運用をしましょう

先ずはFXの仕組みについて確認しましょう

口座開設の流れ

FXの口座開設をする場合、自分の個人情報や金融資産などの入力を行います。本人確認書類やマイナンバーの提出も行います。なお、WEBやメールで手続きができれば、即日で手続きが完了します。

しかし、FXの証券会社に指定の情報を記入して申し込みの申請をすれば口座開設ができるとは限りません。レバレッジの方法をとる場合でも、運用には少なからず費用が掛かります。そのため、ある程度の年収や資産がない人は口座開設が難しいかもしれません。虚偽の申告をしても後々口座凍結をされる可能性があるので、おすすめできません。

投資の仕方は人それぞれで、たとえ資産が少なめでも余裕資金の範囲で行いたいと申告をすれば、審査は通過する可能性が増します。最初は大きく儲けようとしないで、できる範囲から始めるようにしましょう。

どの会社を選ぶと良いのか?

FXの取引を進める場合、FXの証券会社業者選びは大事な作業です。ネット証券をはじめ国内だけでも50以上あるので、選ぶのに悩みが生じるかもしれません。

初心者や上級者などレベルに合わせた取引をしてくれる証券会社や、スプレッドという通貨の売買をする際の手数料を少なくしている所など様々です。他にも、取引手数料無料でサービスを提供している所もあります。

ただし、取引手数料が無料だからという理由で選ぶのはおすすめできません。業者側も儲けが必要となるので、スプレッドを多くとる傾向にあります。FXでの通貨で売買をする頻度が複数回になればその分手数料が多く掛かるので、却って赤字を多く抱えることになります。

その他、口座開設による電子決済のポイントや現金の支給をするキャンペーンを設けている業者もあります。しかし、それを理由に業者を選ばないで、中長期的に見て自分に合ったサービスが見つかるか否かの研究は欠かせません。



ページ
先頭へ