初心者にもわかるFXの基礎知識について

FX初心者必見!基礎知識を押さえて自分に合った資産運用をしましょう

FXの証券会社の口座を作る場合何処に依頼をすれば良いか?

先ずFXという言葉は、外国為替保証金取引と略されています。外国為替とは、外国の国の通過に交換する方法です。より具体的に説明をすれば、日本円をアメリカドルなどに交換をするのを意味します。

FXでは、お金とお金の交換レートにより取引を行いますが、これが為替レートとなります。日本人だけでなく世界中の人は、特定の通貨を購入したい若しくは売却したいと考えます。人気が高いものは為替レートが上がり、双方がwin-winの状態となるでしょう。一方、人気が低い場合は値下がりをするので、思うような利益を得られません。

資産運用でFXをする楽しみのとして、外貨が安い時に購入を行い高くなったら売ることができます。例えば、アメリカドルが1ドル100円の状態の時に、10万円分購入をすれば1,000ドルが手元にあります。保有を続けて110円になった時に売却をすれば、11万円手元に残ります。ただし、取引業者との事務手数料や申告分離課税が発生するので、全額手に入るわけではありません。

FXを始める場合、1万通貨が基本的な単位となります。アメリカドルで1万ドルとなれば、1ドル100円の場合で100万円が要ります。しかし、間に合わない場合でも、レバレッジという方法をとれば取引に参加できます。最大レバレッジは25倍なので、証拠金として4パーセント必要です。1ドル100円計算であれば、日本円では4万円が要ります。

とはいえ、FXには様々な専門用語や手続きが欠かせません。人によっては難しく感じるかもしれません。できるだけわかりやすく紹介をするので、上手に活用を行い資産運用に活かしてください。


ページ
先頭へ